外国語はボキャブラリーの数がものをいう

現在、翻訳の仕事を行っています。日本語から英語、そして英語から日本語に文章を翻訳していくわけですが、自分が感じているのは英語をどれだけ話せるかはもちろんのこと、どれだけ多くの単語を知っているかがこの仕事を大きく左右するということです。

まず日本語から英語に文章を翻訳する場合、英単語のボキャブラリーが少ないと非常に子供っぽい文章となってしまいます。もちろんこのような文章は理解されやすく、英語圏で生活していない人たちからは喜ばれます。しかし英語を母語とする人たちにとってはポライトな文章として認めてもらうことが難しく、やり直しを要求されることもあります。

どちらかというと英語から日本語に翻訳する作業は比較的容易であり、ポライトな日本語として成立する文章に訳すことができます。しかし当然のことながらこの場合も英単語の意味をよく理解していなければ作業はスムーズに進みません。もちろん文法や慣用句などを覚えることも必要ですが、外国語を翻訳する仕事はボキャブラリーを増やすことがポイントであると感じています。